【妄想話】理想のモーニングサービス

Pocket

どうも、バキバキです。
これから、妄想話をします。

この日は、ある店で朝食をとるため、職場から少し離れた駅で降りました。

こちらの店には、私がよくお世話になるモデルの、そっくりさんが働いているからです。
シフトを知らないので、実際行くまでいるか判らないのが、厳しいところです。

もちろんハズレだった事もあります。というか、大部分がハズレです。
その場合、無駄な時間と交通費を使う事になるわけですが、これもある意味投資です。

徒歩10分ほどで目的の店に到着。外からは見えないので中に入るしかありません。

いざ入室。すると、お目当ての彼女が出迎えてくれました。

しかも彼女のワンオペ。客も私1人。この店には2人きりです。
動画に出演したモデル(そっくりさん)と、動画を見ている男だけです。
色んなご対面はありますが、こんなシチュエーション、初めてです。

彼女がつくったモーニングを、彼女の近くで、動画鑑賞しながらいただきます。

彼女は自撮り大好きで、毎日のように、SNSに自分の写真をアップしてくれます。
モテる事を全く隠さず、同性に嫌われるんじゃないかと、心配になるレベルです。

だがしかし、動画に出てくるモデルの、ア●ルの形状はグロテスクそのもの。
彼女はパイパンなので周りに邪魔するものが無く、余計はっきりと見えてしまいます。

自分大好き自信たっぷりの彼女ですが、おそらく本人すら知らないコンプレックスでしょう。
このア●ルを初めてみた彼氏はさぞや驚くだろうなあ、と鑑賞するたび同情します。

食事の後はトイレへ。トイレは排泄する場所、動画を鑑賞しながらスッキリです。
壁一枚隣では彼女がお仕事中です。直線距離にして2m無かったかもしれません。

このトイレも、私が使う前にわざわざ彼女が掃除してくれたんだな、そしてこの後
掃除してくるのかな、など考えると、いっそう力が入ります。

Mission complete.
全てやりきったので、最後にご挨拶です。彼女の目を見ながら
「ごちそうさまでした」
「ありがとうございました」

たった500円、ワンコインで贅沢すぎるサービスを受けてしまい、申し訳ない気持です。

以上、妄想話でした。



アダルトブログランキングへ