遂に御用!イケイケだったあの盗撮専門サイト

Pocket

どうも、バキバキです。
昨夜、気になるニュースが。。

盗撮動画を配信容疑、サイト運営会社従業員ら十数人逮捕
http://www.asahi.com/articles/ASJBL51FPJBLTIPE01H.html

これをみてピン!と来た人は多いでしょう。
おそらく、先月末に突然閉鎖したあの某サイトだと思われます。
あんな派手にやっていて、大丈夫なのかな?と思う人は多かったでしょうが
やっぱりダメだったみたいです。

今回の件で色々気になる点はあるのですが、私が驚いたのは逮捕された人数。
てっきり少人数運営だと想像していたので、十数人も逮捕されたのは意外でした。
まあ私が知るだけで運営サイトは5つ程あったので、他にも色々やっていたのでしょう。
今回、逮捕された理由で、発表されているのは2つです。

・わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管
・リベンジポルノ防止法違反の疑い

上の方は、無修正配信サイトの宿命みたいなもんで、ここを突かれると仕方ないというか。
海外にサーバを置いていても、運営が国内という判断だとヤラレる時はヤラレますからね。

それよりも気になるのは、やはりリベンジポルノ防止法違反です。
この名前はあくまで通称で、正式な名前は↓になります。
私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律

「私事性的画像記録」の定義は3つありますが、トイレ盗撮については↓でしょう。
三  衣服の全部又は一部を着けない人の姿態であって、
殊更に人の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が
露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの

人の排泄姿が「性欲を興奮させ刺激するもの」かは、意見が分かれるところでしょうが。
まあ少なくとも、私にとっては性欲を興奮させ刺激するので、文句はいえません。

そして、第三条にはこのような記載が。
私事性的画像記録の公表罪:
第三者が撮影対象者を特定することができる方法で、電気通信回線を通じて
私事性的画像記録を不特定又は多数の者に提供した者は、三年以下の懲役
又は五十万円以下の罰金に処する。



親告罪:前三項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

告訴=犯罪被害者(もしくは法により定められた親族等)が申告
告発=被害者でない第三者が申告

なので今回は間違いなく、盗撮被害者本人または親族が訴え出たという事です。
すぐに思い浮かぶのは、去年夏に公開されたあの数人です。
あんな大っぴらにやられたら、無視するわけにはいかないですから当然ですね。

サイト側は大丈夫だと思ったんでしょうか?当時から理解できませんでしたが
こんな結果になって、ますます理解できません。
本日から初公判というので、気になるところです。


アダルトブログランキングへ