盗撮のリスクについて考える

Pocket

どうも、バキバキです。

みんな、うすうす気づいているでしょうが
おそらく盗撮はほとんど成功してしまう。、と私は思っています。

実際報道される事件を見ても、大部分は初犯でなく、何回も何年もやっていた人ばかりです。
(そういう人が報道されやすいんでしょうが)

しかも捕まる人の多くは、駅や本屋といった明らかに現場も警戒している場で、スマホで
撮る、大胆というかリスキーな手法。
それでも成功するもんだから、みんなハマって捕まるまでやっちゃうんですね。

でも99回成功した所で、1回捕まればアウト。
家庭も仕事も持たぬ自由人ならともかく、普通はその後のリスクを考えたら、
駅や本屋で見知らぬ女性を狙うのは割に合わない、と私は思います。

これが例えば、あまり警戒されない場所。
例えば自宅や職場、ちょっとした集会のトイレや更衣室で、隠しカメラを使った撮影だったら。。
見ず知らずのターゲットでなく、行動パターンをある程度把握している相手だったら。。

映像が販売されれば、そこから発覚する可能性はありますが、個人で鑑賞だけならバレる可能性はかなり低いでしょう。

もし成功すれば、自分だけのガチンコお宝映像、
一生使えるレベルのオカズ
をゲットできるわけです。
知り合い女性の下着、その中身を見たことがあるという事実だけで、
その女性に対して優越感というか、心情的に上から目線になれますからね。
カメラのアングルは、下から目線が多いですが。

今でも職場の同僚や、サークルの憧れの先輩、後輩ら、顔見知りの女性の
恥ずかしい姿を、撮っている人間が日本中にいるんだろうなあ

と思うとコーフ・・いや、怒りで胸が熱くなります。

でも知り合い盗撮は、バレたら最悪。
その後の人生のリスクが、あまりに高すぎます。

そもそも犯罪ですから、誰が相手でも盗撮行為はアウトです。
risk
盗撮は絶対ダメ!
妄想だけで止めておきましょう。

私は、妄想しながら動画を見る派。
販売中の盗撮風動画を、ねっとり鑑賞させていただきます。


アダルトブログランキングへ

最後に・・。
あと、そっくりさんを探して会うのも好きです。