【裁判傍聴】リアルでミステリアスな論告求刑

Pocket

どうも、バキバキです。

相変わらず、リアルでミステリアスな裁判を傍聴しています。あれから実際にサイトで動画を購入し、調査した担当者2人への証人尋問。そして論告求刑がありました。

※担当者への証人尋問については、捜査側の行動を確認する内容なので、掲載は控えます。

論告・求刑

求刑4年
・被告人がトイレに入った直後から録画がスタートしており、スマホを操作している姿が防犯カメラに映っていることから、アプリでカメラを操作していた事は間違いない。

・ある被害者に、サイトで販売されていた動画を確認してもらい、映っているのが本人である事が証明されている。当人も厳重な処罰を望んている。

・押収したデータからは、のべ240人分の撮影が確認されており、いずれも販売される危険があった。データの一部は既に販売されてしまい、とりかえしがつかない。

身勝手極まりない犯行で、極めて巧妙かつ悪質。今回は執行猶予中の犯行であり、反省の色も見られない。盗撮や販売のノウハウを持っており、再犯の可能性は高い。

最終弁論

無罪を主張する。
・被告人がトイレに入室した直後に録画が始まっている件は、事前にカメラがセットされており、被告人が入ったタイミングに合わせ、誰かが遠隔操作で録画スタートした可能性がある。

・販売サイトには販売者用ページが存在しない。サイトに公開されているサムネイル画像や説明文のデータが、押収されたPCにはなかったはず。
・今回対象となっている動画は、逮捕された数日後にサイトで販売開始されている。拘留されている被告人が、動画を販売する事は不可能である

・家宅捜索時に押収したPCやスマホ内のデータやメールのやりとりについては、違法な捜査によって押収されたものなので、証拠能力は無い。


※ここに記しているのは、ごく一部です。本当は検察側も弁護側もとても長く、予定の時間をオーバーしていました。ボリュームありすぎて、自分もメモしきれませんでした。

※ブログに書いても問題ないと判断した部分のみ記していますが、もし問題ある点、誤った情報の記述等ありましたらすぐ対応しますので、ご指摘宜しくお願いします。

次はいよいよ判決です。


【PR】妄想傍聴メモ~盗撮好きの懲りない面々

noteの方では、実際に傍聴した裁判をモチーフに、妄想傍聴メモを有料で公開中です。※妄想なので、傍聴した内容に若干フェイクを交えています。

リアル&ミステリーハンターN

【被告人名】リアル&ミステリーハンターN
【事件名】建造物侵入、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律違反

【価格】480円

平成30年、カフェで300人以上を盗撮し有罪判決を受けた後、また同じような盗撮事件で御用になってしまったN氏。当人は罪状を否認、真犯人は他にいると主張するが・・。

→【妄想傍聴メモ】リアル&ミステリーハンターNの詳細はこちら←

※ 以前にブログで公開していた内容をベースに、オープンな場では書きづらかった部分を追記しています。