【雑談&含妄想話】2019年の総括/2020年の抱負

Pocket

どうも、バキバキです。
新年、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

既に年は明けてしまいましたが、2019年の総括をやっておきたいと思います。
※総括する内容には、妄想も含まれていますので、ご了承ください

2019年の盗撮風動画鑑賞

想像した通り、状況は厳しくなる一方でした。いくつかの新シリーズも登場してはいますが、まだパワー不足は否めません。今後に期待したいものです。

そんな中でも、秘密の花園シリーズのtakahashi&ito氏復活は嬉しいニュースでした。
貴重なトイレ業界の希望なのかもですが、今出ているのが完全新作なのか、過去のお蔵出しなのか?ちょっと気になるところです。

先日、其の三十六(36)を入手しましたが、残念ながら顔出しは最後の一人だけ(商品説明にも書いてましたが)。局部マニアにはおすすめできますが、私的には少し残念でした。

現時点でまだ入手していませんが、最新作の其の三十七(37)には期待したいところです。

他、嬉しいニュースとしては、業界のレジェンド・てくの氏作品が新代理人によって復活。多くは過去作に未公開シーンを加えての再販ですが、完全未公開作が出る事があるので油断できません。
特に、インタビュー+着替えの同時アングル作品は刺激的でした。

2019年のリサーチ&ご対面&加工

こちらについては、2019年も色々と新しい出会いや発見がありました。とてもココでは紹介しきれないくらい、ドラマチックで刺激的な経験をさせていただきました。
人生を終える間際の走馬灯に出てくるであろう、名場面が複数見つかった気がします。

2020年の抱負

とりあえず、2019年に書きたかったネタを、約半分しかクリアしていなかったので、今年でも書く事が可能なネタに関しては、今年に持ち越したいと思います。

業界を取り巻く状況は、今後も厳しくなるはずなので、ブログの方向性も時代に合わせて変えていくつもりです。タイトルも変更するかもしれません。

最近は盗撮風作品を見る事よりも、作品を好きな人の心理、実行してしまう人の心理について等、考える事が多くなりました。裁判傍聴を始めたのも、その流れです。

ただブログの方向性は変っても、私自身のライフワークは続ける事でしょう。私の琴線に触れる作品が出るならば入手し、出来る限りレビューしたいと思います。

年を取るほど時の流れが早く感じるのは、経験を積むごとに新鮮な驚きを感じる事が少なくなるからだ、と何らかで読んだ事があります。

ありがたい事に自分自身、ここ数年は常に新鮮な驚き、刺激的体験を得ています。
2020年も、時を無駄にすることなく、充実した日々を送りたいものです。