市役所職員が女子トイレ盗撮で御用→5年前にも?

Pocket

どうも、バキバキです。

先日取り上げた卒業旅行盗撮事件は、あの後犯人の名前が公開され、一気に拡散されてしまっているようです。彼の名は、ずっとネット上に残されてしまうわけですが、自業自得ですね。

↑の事件がセンセーショナルだったので、あまり話題になっていませんが、ほぼ同時期に、市役所職員による、トイレ盗撮事件の犯人が逮捕されていました。

ごみ箱で光が点滅 女子トイレに盗撮カメラ 市職員を逮捕
https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20190220000175

・市役所職員が職場(市役所)の女子トイレにカメラを仕掛けた
・カメラは4cmx3cm円柱型の遠隔操作タイプ。ごみ箱に設置
・女子職員がゴミ箱の光の点滅に気づき、カメラ発見→発覚

押収した容疑者のPCには、トイレ盗撮動画が複数保存されていたそうです。という事は、彼は同じ職場で働く女性達の排泄動画をコレクションしていた可能性が、極めて高いですね。

そして容疑者名で調べたところ、同じ名の職員が、2014年に盗撮で逮捕されていました。

職員の不祥事に関する懲戒処分等の報告(京都府精華町HPより)
http://www.town.seika.kyoto.jp/contents_detail.php?frmId=9519

同姓同名で2014年で22歳、今回26歳という事はー。
もし同一人物だったとすると、スカートの中を盗撮して逮捕された数年後、女子トイレを盗撮じゃ、むしろパワーアップしているような・・全く反省していなかったという事ですね。

そして盗撮で前科があっても、市役所に入れるもんなんですね。京都→滋賀で県が違うとはいえ、これにはちょっと驚きました。よほど優秀な人材だったのか、何か他に理由があるのか。

知り合い盗撮、職場の同僚の盗撮は禁断の果実。妄想だけで楽しみたいものです。