トイレ盗撮シーンのある漫画(DEAD Tube ~デッドチューブ~2)

Pocket

どうも、バキバキです。

かなり昔、盗撮・のぞきがテーマの漫画という記事を書いたのですが、最近ある漫画にトイレ盗撮、しかも便器内撮影シーンがある!と、風の噂に聞いたので、早速購入しました。

トイレ盗撮シーンのある漫画(DEAD Tube ~デッドチューブ~2)アイコン

作品:DEAD Tube ~デッドチューブ~2
原作:山口ミコト、作画:北河トウタ

DEAD Tube ~デッドチューブ~ の設定

「視聴数1位をとれば何をやっても罪に問われない」という、謎だらけの動画投稿サイトをめぐって様々な事件が起こる、ただひたすらエログロを楽しむための作品です。※感想には個人差があります。

面白そうな設定で期待しましたが、登場する女子生徒が、主人公の前で放尿したり裸になるのに、主人公は慌てず騒がず、淡々とカメラを回すだけ。勃起するのは惨殺シーンだけという変態ぶりでw、全く感情移入できません。

もし憧れのクラスメイトや先輩が、目の前で排泄したり裸になったら、どんな男でも平常心を保てるわけがありません。一生使えるレベルのお宝ゲット!なんだから、もっと喜んでほしいものです。


DEAD Tube ~デッドチューブ~ のトイレ盗撮シーン

作風自体は好みがあるので別にいいんですが、私が気になったのは2巻に登場する、女教師が盗撮されてしまうシーン。視聴数を稼ぐため、女子生徒が職員トイレにカメラを仕掛けます。

が、生徒がカメラを仕掛ける時は、夜中、学校のガラス窓を割って侵入するのに、回収する時は、昼間普通にトイレに入っていくという・・。一体何のために、ガラス窓割ったのか謎です。
しかもトイレにノートPC持ち込み、その場で映像確認しています。あまりに大胆すぎです。

更に便器内カメラはウォシュレットに仕掛けており、女教師は小の後にウォシュレットを使用する不思議。ウォシュレットは小の後には使わないし、そもそも大部分の女性はウォシュレットを使いません(これは好きな人なら判ってくれると思います)。
せっかくのトイレ盗撮シーンなのに、あまりにリアリティがないので、ガッカリでした。

DEAD Tube ~デッドチューブ~ を読んで思った事

この作品を読んでわかったのは、作者はあまり盗撮に興味ないんだろうな、という事ですが、よく考えたら、別にこの漫画は盗撮がテーマじゃないので、それで全然OKなのでした。
絵柄は可愛くて好みだったので、色々文句言いながらも、楽しく読めましたよ。

もし今、世に出ている漫画や小説等で、盗撮シーンが楽しめる作品がありましたら、教えてもらえると、大変ありがたいです。
昔に比べて洗脳、睡眠系はかなり増えましたが、このジャンルはなかなか見つからないので。

【PR】盗撮系の新作・名作が欲しいなら、のぞきコム

盗撮系作品が見たいならのぞきコム

盗撮ジャンル冬の時代ですが、ある日突然現れる貴重な新作や、今は無き過去の名作を確実にゲットしたいなら、「のぞきコム」は欠かせない存在でしょう。

これまで数多くの名作を出してくれたアブノーマルお兄さんや、ヤングガールトイレの裸生門さんは今も健在。突然新作をリリースする場合があるので、注意がひつようです。

知る人ぞ知る「てくの」氏の新代理人も、のぞきコムにページを持っており、過去の未発表映像を、期間限定で公開してくれるので、要チェックです。

残念ながら転売ヤーが蔓延っているのも、のぞきコムの特徴です。正規では入手不可能な、名作の数々(某131や152、他有名人系の作品等)を、どうしても見たい場合の最後の手段になりえるかも・・ですが、個人的にはおすすめしません。