【雑談】私のルール~情報公開について

Pocket

どうも、バキバキです。
ちょっと真面目な話をします。

盗撮風動画の愛好家が、ロケ地やそっくりさん情報に興味をいだいてしまうのは、仕方のない事ですが、問題はその後。ラッキーにも発見できた後の、情報の扱い方です。

もちろんベストが「墓まで持っていく」なのは承知の上で、不特定多数が目にする場での情報公開は、どこまで許されるか?人それぞれでしょうが、私のルールはいたってシンプルです。

基準は「情報を知っている人だけが判る」です。

つまり、自分の書いた文章を読んで、元々知っている人だけがほくそ笑む、までです。
今まで知らなかった人が気づく、ヒントを与えてしまう内容は、私的にはアウトです。

現在はネット社会。情報拡散のスピードはすさまじく、世の中のオトコ全員が変態紳士なわけではありません。不特定多数に情報が伝われば、いずれは当事者の耳に入ってしまいます。

余程のアイアンハートの持ち主でない限りSNS非公開、または退会する事になるでしょう。

ご対面&観察を趣味にしている自分にとって、ご対面できない相手のSNSは、貴重な源泉。
今後も宜しくお願いするはずだった相手に、突然別れを告げられる悲しさは相当なものです。

以前世間を騒がせた動画サイトもでしたが、イニシャルや一部伏字にしても、たいして意味はありません。こういう表現をする方は訴訟リスクのみが頭にあるのでしょうが、考える基準が違います。

私が一番恐れるのは、情報が拡散される事で、新しい作品が出づらくなる事。被写体との距離が離れてしまう事。定期的に新鮮な素材が入手できなくなる事です。

安易な情報公開は、撮影者、出演者、購入者、だれも幸せになりません。
私の理想は、全てが笑顔で良き人生を送る事。楽しく末永くスッキリしたいものです。


【PR】妄想傍聴メモ~盗撮好きの懲りない面々

noteの方では、実際に傍聴した裁判をモチーフに、妄想傍聴メモを有料で公開中です。※妄想なので、傍聴した内容に若干フェイクを交えています。

リアル&ミステリーハンターN

【被告人名】リアル&ミステリーハンターN
【事件名】建造物侵入、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律違反

【価格】480円

平成30年、カフェで300人以上を盗撮し有罪判決を受けた後、また同じような盗撮事件で御用になってしまったN氏。当人は罪状を否認、真犯人は他にいると主張するが・・。

→【妄想傍聴メモ】リアル&ミステリーハンターNの詳細はこちら←

※ 以前にブログで公開していた内容をベースに、オープンな場では書きづらかった部分を追記しています。