【妄想話】人生に無駄な事なんてない

Pocket

どうも、バキバキです。
これから妄想話をします。

何度か書いていますが、私は盗撮風のアダルト動画を鑑賞する他に、動画や画像の加工、聖地巡礼やそっくりさんのリサーチ、観察、ご対面等をライフワークとしています。
動画代より、ご対面の為の交通費や飲食、イベント参加費の方が高い時もよくあります。


今年の春以降、いきつけの店から顔見知りがほぼいなくなり、大人しく生活を送っていたのですが、また先月くらいに新しい店を見つけて、あししげく通うようになりました。

交通費等を考えると、1回に使う金額は決して安くありません。今回は自制しなくては・・と思っていたのですが、一度でもご対面を果たしてしまうと、やめられません止まりません。
結局、前の時と同様、2~3日に1回のハイペースです。


そもそも訪問したところで、お目当てとご対面が果たせるとは限りません。貴重な時間と金を使って現地に到着しても、いるのが野郎や不細工ばかり、という経験もよくあります。

しかし、お目当てがいないからといって、ムダだった!とは思わないようにしています。人生の経験でムダな事はひとつもない。聖地巡礼もまた、ハズレはあっても無駄はないのです。


もし、野郎や興味のない不細工しかその場にいなかったとしても。彼ら彼女らは、間違いなくお目当てさんの同僚です。ご対面したいあの娘と、SNSで繋がっている場合はよくあります。

お目当てのガードが固くても、周りの人間から地道に巡っていけば、色々と使える素敵な笑顔や、ピースサインの写真をゲットできる場合もあるんです。

その場に興味がない人しかいなくても、彼らの顔と名前を覚えておいて損はないです。特に野郎の場合、女性の同僚と積極的に繋がりたがる場合が多いので、無駄にはなりません。


もし現地で、全く記憶にない、見た事のない女性がいた場合。スルーせず、顔と名前をしっかり覚えておきましょう。まだ見ぬ彼女の秘密に、思いをめぐらせるのもいいでしょう。
できれば何度も会って、顔見知りになれると最高ですね。

先に顔見知りになっておけば、後で大きな喜びが待っているかもしれません。

以上、妄想話でした。