【5/11追記】【盗撮事件】カメラ仕掛けるため女性トイレに…小学教師

Pocket

どうも、バキバキです。
GW終わったばかりというのに、また教育者による盗撮事件が報道されていました。

カメラ仕掛けるため女性トイレに…小学教師
http://www.news24.jp/articles/2017/05/08/07360853.html

・東京の小学校教師が、群馬・渋川のいちご狩り農園で逮捕
・隣の男子トイレ個室に長時間籠っていた
・カメラは外から見えないように加工したケースに入っていた

報道された情報から判断すると、これは出来心ではなく、手慣れた常習犯かと。おそらくGW連休を利用して盗撮旅行に出かけていたのでしょう。つくづく愚かな事をしたものです。

それでも、報道された先生の名前で検索したところ、生徒たちにはとても評判の良い教師だったようです。あの先生いつかやると思った!みたいな声は全く確認できません。だからこそショックも大きいでしょうね。

家宅捜査が行われ、犯人のパソコンも押収されているでしょうが、いったい何が出てくることやら。願わくばこれ以上、彼を慕っていた教え子たちを、悲しませないでほしいものです。


【5/10 追記】
残念ながら、↑の記事をアップした後も、怒涛のように盗撮事件が報道されてます。

スカート内を盗撮疑い、報徳学園中の講師逮捕
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201705/0010170997.shtml
→盗撮の疑いでスマホを調査され発覚(疑われた時の映像は無かった)

船橋市の非常勤職員、学校トイレにカメラ
http://www.sankei.com/region/news/170510/rgn1705100027-n1.html
→他の職員が、消臭剤に偽装したカメラに気づいて発覚

小学校のトイレで女児盗撮容疑、元清掃員を逮捕
http://www.asahi.com/articles/ASK5B3RX7K5BUTIL00T.html
→電車内の盗撮で逮捕後、押収されたパソコンから事件が発覚

前の事件も含め、全員に共通する事は、やはり全員常習犯だという事ですね。残念ながら、盗撮は高い確率で成功してしまう。だから御用になるまで止められない。盗撮はドラッグです。

でも何回成功しようが、1回しくじれば人生ゲームオーバー。そして常習犯なら、パソコン押収でほぼ確実に再逮捕です。そして罪を償った後も、女性達からは確実に冷たい眼で見られ続けます。

ましてや今回の犯人達は、いずれも教育関係者ばかり。彼らを慕っていた教え子たちへの影響は計り知れません。逮捕後の事を少しでも想像できれば、こんな事はできないはずなのに。

あの娘が今日どんな下着か知りたい、その中はボーボーかつるつるか知りたい、と妄想するのは仕方ないです、人間だから。でも本能を理性で抑える事が出来るのも、また人間です。

小型カメラやスマホの普及で、誰でも手軽に盗撮できる世界になってしまいましたが、くれぐれも誘惑に負けないように。逮捕された後も、人生はまだまだ続きます。


【5/11追記】
度々すみません、どうしても気になるポイントが。

最後の清掃員の事件、撮影された相手の年齢が公表されていますが、これはつまり、相手を特定しているという事ですよね。おそらくは下半身中心の映像で、年齢も幅があるはずなのに。

なぜ特定できたのか?推測するに、おそらく動画データ、もしくはデータを収めたフォルダに、「●●●●ちゃん:17-05-11」など、被写体の名前をつけて管理していたのではないでしょうか。もしくは被写体リストを作成していた可能性もあります。几帳面な変態紳士ならやりかねません。

おそらく彼のハードディスク内には、女性達の名前がずらりと並んでいたことでしょう。全くもってけしからんことですが、それによって罪が更に重くなりました。自業自得ですね。